うめきた菜の花・ミツバチプロジェクト          第5回市民連携セミナー(最終)のご案内

Pocket

 これまで「うめきた/菜の花・ミツバチプロジェクト」のご支援をいただき、大変ありがとうございました。
おかげさまでうめきたの菜の花も開花し始め、順調に生育しています。
東屋もいくつか設置され2月26日から毎週日曜日に開放し、引き続き3月26日まで活動を持続しますので、ぜひ「うめきた」まで足を運んでください。

ちょっとお知らせです。
これから咲く菜の花は、「食べられる、油がとれる、種も取れる」本物の日本の菜の花です。
 (指導:和歌山大学 養父教授(造園学)談)
今後3月以降、3000個の菜の花付プランターは随時、お譲りしていきます。
おそらく4月末までは咲いていると思われますので、ご希望があればお申込みください。

さて、市民連携セミナーも最後の第5回のご案内です。
ぜひご参加ください。お待ちしております。

第5回 超都心の社会実験「うめきた・うめらくとミツバチ」から学ぶ

日 時  2017(平成29)年2月25日(土)午後2時~4時(受付1時半から)

場 所  大阪ガス(株)エネルギー文化研究所・都市魅力研究室セミナールーム
       大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪
       ナレッジキャピタルタワー C713(北館7階)

講 師  1.山田摩利子(うめらく2016・2017運営実行委員会代表)

      2.小丸和弘(NPO法人・梅田ミツバチプロジェクト代表)

主 催  うめきた/菜の花ミツバチプロジェクト実行委員会

参加費  資料代500円

申込み  先着順で30名様まで。申し込みはメール受付のみとします。

 定員を越した場合のみご連絡いたします。

 お名前・Eメールアドレスをご記入の上、下記まで。
  yff45458@nifty.com 事務局長 吉田 薫 
   電話:090-4304-55

内容詳細はこちら

講演1.「うめきた楽市楽座」に寄せる梅田界隈コミュニティデザインの実践

 講師 山田摩利子
    うめらく2016・2017運営実行委員会代表、FFICELiaison代表

都市型地域コミュニティづくりをテーマに、地縁でつなぐ都会型コミュニティ事業の推進を行う。2016年うめきた2期暫定利用事業に採択され、うめきた開発に市民の声を届ける「うめきた楽市楽座」イベントを実施。2日間で5000人の来場者に参加いただき盛会に終わる。人と人のつながりが希薄になる社会、顔が見えにくい都会の「うめきた」の地を舞台に、ソーシャルキャピタルの充実を図る都市型地域コミュニティのプロデュースを社会実験の1つとして取り組み、うめきたの未来によせる思いを語っていただきます。

講演2.超都心・梅田でミツバチを育てるプロジェクト

 講師:小丸和弘
    NPO法人・梅田ミツバチプロジェクト代表

大阪の超都心・梅田で、都市養蜂活動を展開し、都市部に生態系の循環や都市緑化のきっかけをつくりながら、副産物のハチミツを介して地域コミュニティや企業・レストランなどをつなぐ社会・街づくりを目指す活動までをお聞きし、うめきたの姿を考えたいと思います。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です