「菜の花ミツバチプロジェクト」キックオフセミナーのご案内

Pocket

 これまでにも取り上げました”うめきた2期区域”暫定利用を行う事業のうち、『菜の花ミツバチプロジェクト』のキックオフセミナーが開催されます。

   サイトはこちら

キックオフ・セミナー「菜の花の夢・うめきたに花咲かそう!」

【日時】
2016(平成28)年9月17日(土)午後2時~4時(受付1時半から)

【場所】
大阪ガス(株)
エネルギー文化研究所・都市魅力研究室セミナールーム
大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪
ナレッジキャピタルタワー C713(北館7階)

【参加費】
資料代500円

【主催】
うめきた菜の花みつばちプロジェクト実行委員会

講演1.
「菜の花の夢」ー藤井絢子(ふじいあやこ)
NPO法人 菜の花プロジェクトネットワーク代表
1971年より滋賀県に在住。食の安全性を求めて地域生協づくりなどに関わる。現在、NPO碧いびわ湖監事、東近江市あいとう菜の花館運営委員、環境省中央環境審議会委員、内閣府地域活性化伝道師、などの委員を務め活躍中。環境省ストップ温暖化「一村一品」大作戦全国大会審査員特別賞(2010)、地域づくり総務大臣表彰(大賞、2014)など数々の賞を受賞。著書「菜の花エコ革命」「菜の花エコ辞典」(創森社)など。
「菜の花」の先に見える夢を語りましょう。
今、日本列島各地で「菜の花」育てをとおして、資源循環型社会づくりに向かう様々な地域活動が、「菜の花プロジェクト」として展開されています。地域の人々のイニシアティブで生まれ、地方自治体や企業の参加も得ながら、ネットワークにより進行中のこの活動は、菜の花のつくる美しい景観だけでなく、バイオマスに注目した「エネルギー」、命を支える「食」の地域自立までもめざした活動として注目されています。
そこで、当プロジェクトのキックオフセミナーとして、全国を飛び回って菜の花プロジェクトに取り組んでいる藤井さんをお迎えし、その多様な活動体験と知見をお話しいただきます。そして初めて大阪の都心うめきたで試みる「菜の花みつばちプロジェクト」への示唆と期待などお話しいただきます。

【申し込み】
・先着順で40名様まで。
・申し込みはメール受付のみとします。
・締め切りは、前日16日までとしますが、定員になり次第締め切ります。
・お名前・住所・Eメールアドレスをご記入の上、下記まで。
・申込先・問い合わせ先は、
メール⇒yff45458アットマークnifty.com
電話⇒090-4304-5569
事務局長 吉田 薫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です