「三國荘 と 山本爲三郎」講演会のお知らせ

Pocket

mikuni

 「三國荘 と 山本爲三郎」   *チラシはこちら

アサヒビール初代社長・山本爲三郎氏は生前「民藝運動」を熱く支援していました。その証でもある知られざる「三國荘」。
民藝運動を先導した柳宗悦らは1928年(昭和3年)御大礼記念国産振興東京博覧会にパビリオン「民藝館」を出品し、その思想を初めて住空間として表現しました。
民藝館は山本爲三郎が買いとり、博覧会終了後、大阪の三国の自邸に移築、「三國荘」とよばれるようになりました。
現在、アサヒビール大山崎山荘美術館(京都)で「三國荘展」が3月13日まで開催されています。
今回学芸員をお迎えして画像も交え「三國荘と山本爲三郎」の演題で講演会を開催することになりました。

 *民藝運動とは生活文化運動。柳宗悦らは日常の生活道具を「民藝(民衆的工芸)」と名付け、美は生活の中にあるとした。

日 時:2月28日(日)14時~15時15分
場 所:三国社会福祉会館
    (淀川区三国本町3-30-6)阪急三国駅南東100m
演 題:「三國荘と山本爲三郎」
備 考:申し込み不要

連絡先:ザ・淀川 編集室 06-6301-8370

主 催:三国文化サロン
共 催:三国新道商店街

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください