滋賀会館について

Pocket

 滋賀会館についての書き込みがありましたので、こちらに転載いたします。

申し訳ありません。所用で第3回関西建築保存サミットには参加できないかと思いますが、滋賀会館のことをお知りいただきたく こちらに失礼いたします。

滋賀会館は昭和28年開館の県民会館で、大・小ホールと文化教室・県民ギャラリー・県民サロンなどがあり、地下には商店街も備えたの県民施設だったのですが、県は2010年3月に県民施設としての使用を停止、当時3万2千筆の保存要望署名も出されましたが、この9月に「解体して跡地をNHKに売却」との方針が発表されました。

わたしは滋賀会館を県民会館として保存再生してほしい願いをもっていますが、まだ運動が作れていません。
どのように作っていったらよいのかわかりませんが、なんとかできないかと思案しています。

9月の台風で地下が水づきになってしまいましたが、“どうせ解体するから”となっているのかそれも放ったままで、痛々しくてなりません。
とにかく、まずはこのことを多くのかたにお知りいただきたいとの思いで、失礼ながらこちらにコメントさせていただきました。
突然のご無礼申し訳ございませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください