第3回『失われた建築の記憶保存・継承活動』検討会のご報告

Pocket

IMG_20180609_162828
第3回『失われた建築の記憶保存・継承活動』検討会のご報告です。

今回は主に、大阪市内最古の民家であった「淀川区渡邊邸」の”失われた建築の記憶保存・継承活動”について検討いたしました。
 
渡邊邸を含む”三国”地区のお写真を持参いただき、どれくらいの記憶を掘り起こせるかを検討いたしました。

 次回、渡邊邸を含めた”三国”地区の記憶保存・継承活動検討会は、8月6日(月)18:30~21:00、自敬寺にて開催予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください