月別アーカイブ: 2017年1月

東大阪市旭町庁舎(旧枚岡市庁舎)保存活用を求める署名のお願い

     (署名用紙はこちら

 坂倉準三建築研究所の設計による、東大阪市の旧枚岡市庁舎(現旭町庁舎)に建替えの計画が進んでいます。

旧枚岡市庁舎は関西のモダニズム建築20選に選定されるなど、戦後日本の庁舎建築における代表的な建築作品のひとつです。(参考サイト

建物の状態もよく、また計画中の新庁舎は現庁舎よりも面積が少なくて済む等、建替え計画には色々と疑問も多いため、地元では現庁舎の保存活用を求める声が根強くあります。

東大阪市議会でも、性急な取り壊しの計画に対して戸惑いが広がりつつあり、党派を超えて計画見直しの声が出てきており、賛否の差も縮まってきています。

そうした中、地元の方々が庁舎の存続・活用を求める市長宛の個人請願書を集めていますので、ご賛同を頂ける方は署名をして、1月中を目処に下記宛までお送り下さいますでしょうか。

「みんなでつくる東大阪」市民の会 事務局 宛
577-0801
東大阪市小阪1丁目2番23号
fax 06-6784-4632
mail NQJ09078@nifty.com

直筆の原紙をご郵送頂けるのが最善ですが、署名した請願書をFAXするか、もしくはスキャンしてpdfファイル等にしたものをメールでお送り下さっても、有効になる可能性があるとのことです。

よろしくお願いいたします。

うめきた菜の花・ミツバチプロジェクト 第4回市民連携セミナー
のご案内

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。

 これまでも「うめきた/菜の花・ミツバチプロジェクト」のご支援をいただき、大変ありがとうございます。
おかげさまでうめきたの菜の花も既に咲き始め、順調に成長しています。
引き続き今年も3月末まで活動を持続しますのでよろしくお願い申しあげます。

さて、市民連携セミナー第4回のご案内です。
ぜひご参加ください。お待ちしております。

第4回・お出かけセミナー「いのちの森の力でよみがえる」(仮称)

JT生命誌研究館の館長、中村桂子さんにお話しいただきます。

さまざまな生命の進化という大きな時間の流れの中で、科学や社会のありかた、価値観を考え直してみると、もっと次の新しい何かが見えてくるかもしれません。
都心うめきたにも人間回復のいのちを吹き込むことはできるのでしょうか。

尚、今回はお出かけセミナーとして、ミュージアム「JT生命誌研究館」(高槻市)の見学を兼ねて実施します。
会場をお間違えのないようにお願いします。

講 師  中村桂子 JT生命誌研究館・館長
  プロフィール:東京都出身。東京大学理学部化学科卒。理学博士。
        三菱化成生命科学研究所、早稲田大学人間科学部教授、
        大阪大学連携大学院教授などを歴任。
        著書:ゲノムを読む(紀伊国屋書店)、生命科学と人間(NHKブックス)、
           いのちの海(人文書院)など多数。

日 時  2017(平成29)年1月18日(水)午後2時~4時(受付1時半から現地で)
      14:00~14:30  中村館長講演
      14:30~15:30  展示ガイド(ご案内いただきます)
      15:30~16:00  自由時間、質疑応答

場 所  JT生命誌研究館(いつもと違いますのでご注意ください)
      高槻市紫町1-1 072-681-9750
      JR高槻駅より徒歩10分。寄り駅からの道順は、こちらのページ。

参加費  無 料

主 催  うめきた/菜の花・ミツバチプロジェクト実行委員会

申し込み 申し込みはメール受付のみとします。
 ・先着順で20名様。
 ・締め切りは、前日17日まで。
 ・お名前・Eメールアドレス、または電話番号をご記入の上、下記まで。
 ・申込先・問い合わせ先は、yff45458@nifty.com
       事務局長 吉田 薫
        電話:090-4304-5569

クラウドファンディングも継続中です。