月別アーカイブ: 2014年10月

『日本真珠会館を知っていますか?Vol.2』が開催されました。

 2014年11月9日に、神戸 フォアベルクフォールで『日本真珠会館を知っていますか?Vol.2』が開催されました。

関西大学 環境都市工学部 西澤英和氏のプログラム
『日本真珠会館の構造を考える ~建築構造学者の目から』

Part 1

続きを読む

『旭町庁舎と旭町図書館を守る請願署名』のお願い

asahityou_mamorukai 東大阪市『旭町庁舎と旭町図書館を守る請願署名』活動が
「旭町庁舎と旭町図書館を守る会」によって行われています。

関連イベントが11月15日開催されます。

ご協力の程、よろしくお願いいたします。

 *旭町庁舎について詳細はこちら
 *旭町図書館について詳細はこちら
 **署名用紙はこちら
   署名用紙送付先:旭町庁舎と旭町図書館を守る会
            東大阪市喜里川町14-11 岡村様方

【請願趣旨】
 東大阪市は、旭町庁舎(4,820㎡)も解体し、跡地に半分の新庁舎(2,600㎡)を建設しようとしています。
 しかし、「旭町庁舎」は旧枚岡市役所として1964年(昭和39年)に東地域の中心に建てられ、広島の「平和原爆資料館」や奈良の「県庁舎」などと並んで全国10指に入る近代モダニズム建築です。しかも、生駒山麓には名所・旧跡も多く存在し、「旭町庁舎」は古剃をイメージする貴重な歴史的建造物といえます。
続きを読む

『「旭町庁舎」とまちづくり パネルディスカッション』のお知らせ

asahityou「旭町庁舎」とまちづくり ―技術と歴史と地域から学ぶ―
 パネルディスカッション

が開催されます。   *ちらしはこちら

 **署名についてはこちら

パネルディスカッション
・「旭町庁舎」の歴史とその価値
  橋本健治 氏

・まちづくりと「旭町庁舎」の活用
  田中 貢 氏

・地域のにぎわいと公共施設への期待
  地元商店街や地域からの発言

  *近畿大学学生によるまちづくり提案(パネル展示)

日時
2014年11月15日(土) 午後1時30分 開会

会場
市民ふれあいホール
(近鉄奈良線「瓢箪山駅」下車、北へ約900m。徒歩約10分)
 東大阪市鳥居町3-3 東消防署3階ホール
  tel:072-982-6563

参加費  無料

お申込  不要

主催:日本共産党東大阪市会議員団

協力:東大阪まちづくり研究会
   旭町庁舎と旭町図書館を守る会
   枚岡の自然と文化を大事にする懇親会

「大阪まちあるきスタンプラリー」が開催されました。

 2014年11月1日~3日に「大阪まちあるきスタンプラリー」(主催:朝日新聞社)が開催され、その際の安藤忠雄氏よるマルビル偽緑化の告白と朝日新聞社の偽称報道について吉村元男先生からご報告がありました。

(ご報告) 続きを読む

「大阪まちあるきスタンプラリー」について

 10月18日に開催いたしました関西建築保存活用サミット一周年報告会で登壇していただいた吉村元男先生から、下記のお知らせがありました。
是非、ご参加いただき現地をご確認いただきたく存知ます。

朝日新聞社主催
建築家安藤忠雄さんが薦めるスポットを巡る
「大阪まちあるきスタンプラリー」

日時:2014年11月1日~3日
(1日午後0時15分から中之島フェスティバルタワー1階大階段で出発式を開く。)

参加:無料。当日受付可。

問い合わせ:朝日新聞コミュニケーションセンター
        06-6222-2000

 上記について、新聞報道の「マルビルの壁面緑化などの動きが広がっており、<緑の力で美しくなった大阪のまちを、みんなであるきましょう>と呼びかけている」という記事に関して、安藤氏の偽緑化(ほとんどがプラスチックのツタ)をほんものの緑として報道していることに抗議をしました所、朝日新聞社大阪本社の代表室から応答がありました。

代表室曰く「マルビルの偽緑化は、現地に行って確かめ、一階部分は本物の緑で覆われていること。二階以上は少し本物のツタが上階に這い上がっているもののほとんどがプラスチック製のツタで覆われていることを確認した」とのことでした。
「希望の壁に関しては、ベンチと街路樹と緑地帯を取り払われ、公共空地を破壊してつくられていること」に代表室は理解をされました。
そのうえで、「「大阪まちあるきスタンプラリー」を1日~3日に実施する際には、マルビルと希望の壁に関しては、真実(つまり、本物の緑ではなく、プラスチックで緑化されていること。希望の壁は、ベンチ、街路樹、緑地帶が撤去されて建設された)をラリー参加者に伝える」と約束されました。

私は代表室の方の言を信じます。当日(1日)~3日まで開催されるラリーでは、<緑化が偽物であること、希望の壁が、公共を破壊していること>を朝日新聞社が説明されると信じます。もし、説明が新聞記事(10月23日朝刊大阪版)のままでしたら、朝日新聞社は、慰安婦問題と同じ過ちを犯すこと(つまり、吉田証言を鵜呑みにしたと同じく、安藤忠雄氏の説明をウソを知りながら報道すると言う罪を犯すこと)になります。

皆様、お時間がおありでしたら、是非、朝日新聞社の約束が果たされているかどうか、ラリーを楽しみながら、確認していただければ幸いです。

『生きた建築ミュージアム フェスティバル大阪2014』のお知らせ

『生きた建築ミュージアム フェスティバル大阪2014』(イケフェス大阪)が開催されます。

   詳細はこちら

開催日
プレイベント
  平成26年10月30日(木曜日)・31日(金曜日)

メインイベント
  平成26年11月1日(土曜日)・2日(日曜日)
 
イベントプログラム
 全77のプログラムをご用意しました。

問合せ先
生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2014事務局
 専用ダイヤル 090-8199-5221(平日10時~17時)
 E-mail ikefes@dan-dan.com

「なつかしの滋賀会館 一日だけのふりかえりイベント」のお知らせ

 「なつかしの滋賀会館 一日だけのふりかえりイベント」が開催されます。

   詳細はこちら

日時:平成26年10月18日(土曜日)11時00分~16時00分

場所:滋賀会館内の一部(元文化サロン・2階通り抜け廊下)

内容:滋賀会館ゆかりの品々や皆様から頂いた滋賀会館にまつわる思い出

    ・メッセージなどの展示 等

主催問い合わせ先
   「なつかしの滋賀会館 一日だけのふりかえりイベント」実行委員会
     担当 大藤(だいとう)090-9057-1973

共催 中央学区自治連合会、公益財団法人滋賀県文化振興事業団、滋賀県

関西建築保存活用サミット1周年報告会のお知らせ

 昨年7月6日の第1回関西建築保存活用サミットから1年が経過し、その間、関西の建築物の保存活用・解体が沢山ありました。
これらの1年間の報告会を開催いたします。
今回の報告会の様子は、動画ライブ配信の予定です。
(アーカイブでもご覧いただけます。↓)

日時:2014年10月18日(土)17:00~20:30
     報告会17:00~ 交流会19:00~

会場:まちライブラリー@大阪府立大学http://opu.is-library.jp/
 *第1回関西建築保存活用サミット交流会会場と同じです。

内容:(予定)
1.報告会 17:00~19:00 
 *動画ライブ配信http://new.livestream.com/machilibrary

大阪:『空地は景観遺産―うめきたと新梅田シテイの希望の壁の現在の取り組み』 
                      [北ヤードとその周辺の環境を考える会 吉村元男氏] 
 
   旧渡邊邸 [大阪市渡邊邸保存会 山本憲作氏]    

   旧精華小学校 [精華小校舎愛好会 分田よしこ氏]

   商船三井築港ビル [宮本典子氏]

   旧大阪中央郵便局・大阪市「生きた建築ミュージアム事業」 
                         [建築家/大阪市立大学特任講師 高岡伸一氏]

   旧大阪新歌舞伎座・大丸心斎橋店・旭町庁舎 等 [京都工芸繊維大学大学院助教 笠原一人氏] 

兵庫:日本真珠会館 [京都工芸繊維大学大学院助教 笠原一人氏] 
   
   旧ジョネス邸 [旧ジョネス邸を次代に引き継ぐ会 信森徹氏]

   西脇市立西脇小学校[西脇小学校の木造校舎を想う会 粟嶋純子氏]

京都:京都府立鴨沂高校(代読) 

   京都大学学生集会所 [京都大学教授  阪上雅昭氏]

2.交流会 19:00~20:30

参加費:¥1000(当日徴収:資料代・飲食代)+可能であれば建築関係の本
     (本はまちライブラリー@大阪府立大学にご寄贈いただければと思います)

定員:20名

申込:申込フォームはこちら

お問合せ:関西建築保存活用サミット事務局
        MAIL:info アットマーク kanken-summit.net  TEL:050-7578-6466