カテゴリー別アーカイブ: 事務局

「現伊賀市庁舎南庁舎の保存活用を求める要望書」と署名提出のご報告

160304iga
 2016年3月4日、伊賀市長へ「現伊賀市庁舎南庁舎の保存活用を求める要望書」と署名を提出いたしました。
ご協力どうもありがとうございました。
    地元のタウン情報サイトは、こちら

伊賀市議会議長様・伊賀市の賑わい創出検討協議会様へは、3月2日に提出いたしました。

 要望書は、長田の近代建築を再発見する会・一般社団法人 宝塚まち遊び委員会・大阪市渡邊邸保存会・鴨沂高校の校舎を考える会・NPO法人J-heritage・精華小校舎愛好会、以上の6団体の連名で提出いたしました。

続きを読む

第6回関西建築保存活用サミットのお知らせ

141221tirasi
 兵庫県下では初めて、神戸市塩屋町での開催の運びとなりました。塩屋地区の見学会もあります。

  チラシはこちら

第6回関西建築保存活用サミット
     神戸塩屋 旧後藤邸にて

日時 2014年12月21日(日)13:00~19:00(12:30開場)

集合 旧後藤邸 神戸市垂水区塩屋町3-1-3
 
 
内容 第1部 塩屋地区の見学会 13:00~15:00
          旧後藤邸~塩屋駅周辺~ジェームス山周辺

    第2部 サミット 15:00~17:30 旧後藤邸にて
         参加各団体から状況報告

    第3部 講演会 17:30~19:00 旧グッゲンハイム邸にて
      「塩屋における歴史的建築物の利活用 – ジェームス邸・旧グッゲンハイム邸を中心に」
       松隈章氏(聴竹居倶楽部代表・一般社団法人住宅遺産トラスト幹事)
       森本アリ氏(旧グッゲンハイム邸・一般社団法人旧ジョネス邸を次代に引き継ぐ会代表)

    特別見学会 美容室 BRIST jonas 旧ジョネス邸移植プロジェクト
      希望者のみ 11:30 JR垂水駅東口改札前に集合(申込不要)

参加費 無料
    (当日カンパを受け付けます。出来ましたら運営費にご協力ください)

申込 先着50名
   A. 申込フォーム
   B. メール ; infoアットマークkanken-summit.net
   C. FAX ; 078-202-9033
     お名前(ふりがな)・ご連絡先電話番号・メールアドレス・懇親会の出欠を書いて

サミット終了後19:00~ 「食堂しろちゃん」で懇親会があります
    会費実費(2,000円程度)参加申込時に要予約

※旧後藤邸は暖房がありません。防寒にご留意ください。

問い合わせ 関西建築保存活用サミット事務局
     mail:infoアットマークkanken-summit.net または tel:050-3631-4510(窪添)

主催 関西建築保存活用サミット実行委員会
共催 一般社団法人旧ジョネス邸を次代に引き継ぐ会

第4回関西建築保存活用サミットのお知らせ

tirasi 2014年3月15日(土)、第4回関西建築保存活用サミット
大阪弁護士会の主催で開催いたします。
(今回は、このサイト「サミットの記録」での開催後の動画配信の予定はございません。)

申し訳ございませんが、都合によりサミット後の交流会は中止とし、懇親会のみとさせていただきます。

  チラシこちら

サミットの参加申込フォーム(大阪弁護士会のサイト)はこちら
交流会・懇親会の参加申込フォーム
(関西建築保存活用サミットのサイト)はこちら

(サミットと交流会懇親会の申込は、それぞれございますので、お気をつけください。)

 大阪弁護士会の都市環境部会や近畿弁護士会では、現在、近代建築の保存の問題に取り組んでいます。

近代建築の保存という問題は、いかなる意味においても、難しい問題ばかりです。
建築は、誰か特定の所有物かもしれませんが、時にはまちのランドマークになったり、景観の一部になったりして、ある種、公共的な側面もあります。
その意味で、所有者だけの意向のみで、そのようなものを壊すかどうかを決めてよいのか疑問があるところですが、それを法的に説明するのは極めて難しいといえます。
また、そもそも保存・活用とは一体何なのか、保存すべき建物とそうでない建物というのは、どのように考えるのか、所有権を有していない周囲の住民や専門家はどのようにして保存に関与できるのか。
このように問題は山積しています。

そこで、今般、このような建築を考える一つの機会として、大阪弁護士会で”第4回関西建築保存活用サミット”を開催します。
サミットという名前にふさわしく、いま考え得るメンバーのなかで最も重要かつ豪華な方々の話をいっぺんに聞けます。

少しご紹介しますと、まず、このサミットでは、旧ジョネス邸や西脇小学校などの現に活動している保存団体の話を聞けます。
また、保存・活用に携わっている建築家たち、ここでは日本建築家協会近畿支部の取り組みも聞けます。
これに加えて、DocomomoJapanの代表をされている松隈先生といま最も若手研究者で大注目の倉方先生の講演も聞けます。
松隈先生や倉方先生の話を聞いて、楽しくなかったという人など私は一度も聞いたことはありません。

どこかの団体によくある”名ばかりの講演”や”専門家ではない講師のおもしろくない話”などでは決してなく、現に活動をしているいきいきとした話を聞けます。
このような機会は滅多にないものと思いますし、土曜日を有意義に過ごせることは確実です。
是非ともふるってご参加のほどお願い申し上げます。

第4回関西建築保存活用サミット
近代建築の保存を巡る市民と専門家のための会議

日時  2014年 3月15日(土)12:30〜16:30

場所  大阪弁護士会館 2階203・204会議室
      大阪市北区西天満1-12-5
      地図はこちら

内容  第1部 参加各団体から状況報告 12:40~13:40
      ・宝塚映画祭文芸図書館(宝塚歌劇記念館・龍坊)について
      ・鴨沂高校の校舎を考える会
      ・西脇小学校の木造校舎を想う会
      ・旧ジョネス邸を次代に引き継ぐ会
      ・精華小校舎愛好会
      ・日本建築家協会近畿支部大阪地域部会
   
     第2部 講演会 13:40~16:00
      『保存とは、北欧の建築文化と建築憲章』
       松隈 洋 氏(docomomo japan 代表、京都工芸繊維大学教授)
      『保存とは?』
       倉方俊輔 氏(大阪市立大学准教授)

      都市環境部会の報告 16:00~16:30
       大阪弁護士会公害対策・環境保全委員会(都市環境部会)有志

参加費 無料

定員  先着 100名(事前申込み要)

申込  A.大阪弁護士会サイトの申込フォーム
     B.FAX:06-6364-7477
      お名前(ふりがな)・ご連絡先電話番号・メールアドレスをご記入の上、
      お申込ください。

交流会 17:00~18:30(会費¥1000[当日徴収]・事前申込み要)
懇親会 17:30~19:30(*時間が変更になっております)(会費¥4000[当日徴収]・事前申込み要)
      レーベルカフェ OSAKA にて(大阪弁護士会館より東へ5分)
             (大阪市北区西天満1丁目1−11)
  交流会・懇親会のお申込は、こちら

問合せ サミットについて 大阪弁護士会 TEL:06-6364-1227(委員会部人権課)
      懇親会について 関西建築保存活用サミット事務局
       e-mail:info(a)kanken-summit.net  (a)を@に替えて
       TEL:050-3631-4510

主催   大阪弁護士会
協力  (公社)日本建築家協会近畿支部大阪地域部会、関西建築保存活用サミット実行委員会

第2回関西建築保存活用サミット 内容順序変更のお知らせ

 キャンセル分を当日受付いたします。お誘い合わせの上、ご参加ください。

 第2回関西建築保存活用サミットの内容順序を会場の都合で下記の通り変更させていただきます。
ご了承の程、お願いいたします。

*会場に駐車場はございません。
観光駐車場をご利用ください。観光駐車場は17時までですのでご注意ください。
その他は事務局までご相談ください。

   サミット参加申込フォームはこちら

日時:2013年9月15日(日)
        12:30 開場
    第1部 13:00~14:20
    第2部 14:30~18:00
    交流会 18:00~19:30

集合:ハイド記念館  近江八幡市市井町177
【地図】はこちら

内容
第1部 サミット 13:00〜14:20 ハイド記念館にて
 ① 参加各団体から状況報告
 ② 法律の専門家からのレクチャー 大阪弁護士会都市環境部会有志
   (1)法的に見て、建物保存の問題がどうして発生するのか
   (2)仮に建物保存の問題が発生したときに、どのようなことができるのか。
    またどのようなことができないのか 

第2部 ヴォーリズ建築見学会 14:30〜18:00
 ① 見学会:ヴォーリズ記念館 アンドリュース記念館 ウォーターハウス 旧八幡郵便局
 ② 事例発表:石井和浩氏 ヴォーリズ建築の保存再生活動について(17:20~旧八幡郵便局にて

交流会 旧八幡郵便局2階にて 18:00〜19:30

問い合せ 関西建築保存活用サミット事務局
       MAIL:info(a)kanken-summit.net   * (a) を @ に替えて
       電話:050-3631-4510

第2回関西建築保存活用サミットのお知らせ

 キャンセル分を当日受付いたします。お誘い合わせの上、ご参加ください。

dai2_tirasi
 
 2013年9月15日(日)、第2回関西建築保存活用サミットを開催いたします。

ヴォーリズ建築を一度にまとめて公開してもらえることは、大変貴重な機会ですので、是非ご参加ください。

   チラシはこちら  *内容順序が変更になっております。

   参加申込フォームはこちら
 
 
 

第2回関西建築保存活用サミットin近江八幡

日時:2013年9月15日(日)
  *内容順序が変更になっております。
    
集合:ハイド記念館  近江八幡市市井町177
     【地図】はこちら

内容
第1部 サミット 13:00〜 ハイド記念館にて
 
第2部 ヴォーリズ建築見学会 
 ヴォーリズ記念館 アンドリュース記念館 ウォーターハウス 旧八幡郵便局

交流会 見学会終了後、旧八幡郵便局2階にて 18:00〜19:30

参加費: 1,000円(場所代、見学代等 当日徴収)
      交流会は、会費1,500円(当日徴収)

定員: 参加申込先着50名

申込:  A.関西建築保存活用サミット ブログの申込フォーム
      B.メール;info(a)kanken-summit.net   * (a) を @ に替えて
      C.FAX;020-4668-0277
         お名前(ふりがな)・ご連絡先電話番号・メールアドレス・交流会参加or不参加 を書いて
  
同日近江八幡では「八幡堀まつり」も開催されています。

問い合せ: 関西建築保存活用サミット事務局
       MAIL:info(a)kanken-summit.net   * (a) を @ に替えて
       電話:050-3631-4510

主催: 関西建築保存活用サミット実行委員会
共催: (公社)日本建築家協会近畿支部保存再生部会、NPO法人ヴォーリズ建築保存再生運動一粒の会